なぜ公務員を辞めるのか。もったいない?後悔してる?公務員から民間への転職は大変?

転職

以前以下の記事でお話ししましたが、私は公務員試験を受験し、転職で都庁(東京都)に入りました。

しかし、折角入った都庁ですがわずか1年で退職しました。

私みたいに、公務員試験を頑張って突破したのに、1年で退職することになってしまうのは時間の無駄ですので、都庁のような公務員がどんな仕事をしていて、私がどうして退職をしたのか、後悔しているのかなどをお話ししていきます。

スポンサーリンク

公務員を辞めるのはもったいない?後悔している?

まず、私がなぜ公務員を退職することになったのかをお話していきます。

都庁(公務員)の仕事内容

私が退職を決意した理由のうちの1つは、仕事内容にあります。
都庁に限らず事務系公務員はどこもそうなのですが、基本的に「調整」が仕事です。

調整って?と多くの人が思うと思います。私は都庁に転職する前は、大手民間に勤めていたのですが、調整らしい業務には触れませんでした。

公務員の仕事は「調整」だというのは理解して入庁したのですが、これがもう本当に私に合いませんでした。

調整とは、ある人とある人の仲介をする業務なのですが、具体的に私が1年間で行った仕事の例は以下の通りです。

  • 同じ局にある複数の部署へ、上層部から来た質問をわかりやすくまとめて回答を依頼し、期限までに回答を集めて、回答をわかりやすくまとめて上層部に返す。
  • 更に上層部から来た質問をわかりやすくまとめて複数の部署へ回し、回答を回収して…を繰り返す。
  • 部署で行う政策を民間の委託先へ依頼する。民間の委託先から随時来る報告をまとめて部長などに報告する。

こんな感じです。これの何が面倒かって、私が全ての部署の政策を理解していなくてはいけないことです。
正直、各部署から来る質問の回答は、適当に作られている場合が多いです。それを私が意味を汲み取り、校閲し、時には担当者に質問をして理解して…という作業が必要です。
これが本当に非効率です。何度も、担当と直接やってよ!私に聞かれても知らないよ!と思いました。

いや、自分の興味があることならまだ良いのですが、興味がないし、この調整をやっても何も自分のスキルにならない感じがとてつもなく嫌でした。

都庁には素晴らしい政策が沢山?

都庁のWebサイトを見ていると、キャラクターとコラボして何かしたり、イベントをやったり、楽しそう!って思いませんか?
あれ、企画を考えるのは公務員ですが、実際に現地でイベントするのはほとんどが民間の委託先です。
公務員は、現地にすら行かないこともあります。

私たちがやることは、委託先から来た情報をまとめて上司に報告することです。イベントを運営することではありません。

これは、正直がっかりしました。都庁に勤めていれば色々な場所に出張をして色々吸収できると思ったのですが、実際は9.8割がデスクワークで、腰痛と眠気との戦いでした。

その他、仕事でがっかりしたこと

私は出かけることが好きなので、積極的に出張に行きたいと思っていたのですが、都庁は驚くほど出張が少ないし、行けたとしても東京都内です。よく考えれば当たり前ですが。

国家公務員は全国が仕事場なので県外への出張は多いですが、都庁、県庁、ましては市役所なんかはほぼ無いと考えた方が良いです。

日帰り出張で大阪行きたい!とか憧れている人にはおすすめしません。

都庁での人間関係

都庁で働いている人は、以下のような方が多いと感じました。

  • 40歳以上の人は時代錯誤が多い。紙に印刷が好き。
  • 若手でも頭が固い人が多い。新しいことへの挑戦が苦手。

端的に申し上げますとこんな感じです。民間から転職すると、びっくりするぐらい紙に印刷しています。100枚とかのデータを電子で渡しても、紙に印刷しろと言われます。フォルダに入れたとメールしても、紙に印刷しろと言われます。笑
全体的にデジタルに弱い印象です。Adobe製品などは触ったことがない感じです。Word、Excelでギリギリな感じでした。

また優秀な若手が多いのに非常にもったいないのですが、皆さん新しいことへ挑戦したがらないです。
まぁ、理由もわかります。これやりたい!と思った時にすぐに実行不可能だからです。

例えば、2021年の政策内容は2020年に予算をとります。2020年予算案に書かれた項目以外は実行不可能です。
ですので、2021年にいきなり「イベントがやりたい!」と言っても、実行不可能なのです。

だからといって、2022年の新規イベントを2021年に企画しようとすると、ものすごく大変です。前例がない企画は、基本的に知事のお墨付きがなければ実行されません。
すごく頑張って企画書などを作っても、まず通りません。ですので、皆が前年と同様のことを行おうとします。

都民のために!って頑張っても、こんなシステムじゃフレキシブルに良い政策を作っていくことは不可能です。
現在の40歳以上の人が総入れ替えされ、新しい組織、新しいシステムにならないと変わっていかないと思います。

都庁を退職したことは全く後悔していません

私が都庁を退職した理由は、以上で述べた通り、仕事でスキルがつかないことと、なんとなく周りの人間と合わなかったことから退職しました。

後悔は、全くしていません。早めに違和感に気付いて転職できてよかったです。
やはり、都庁に限らず公務員の主な仕事は「調整」であるため、特別なスキル、転職に有利なスキルがつく可能性は極めて低いと思います。

今から、都庁や公務員を受けようか悩んでいる方は、私のようなミスマッチが起きないようによく考えてから受験してくださいね。

参考までに、私の周りで都庁に入って満足している人は以下のような人です。

  • 前職が激務
  • 前職の収入が低すぎる
  • 前職が全国転勤。転勤なしの生活を送りたい
  • 東京に住みたい

やはりやりがいよりも、安定や、激務ではないところが魅力的なようですね。

スポンサーリンク

公務員から民間への転職は正直大変です

私は都庁を退職した後は、民間企業に転職しました。

今の仕事は、スキルもつきますし、やりたいと思ったことをすぐに実行できますので、とても満足しています。

ですが、民間への転職は簡単ではありませんでした。20代で転職しましたが、エントリーシートで100社は落とされました。面接まで進めたのはわずか3社でした。
特別なスキルがないまま、営業を上げた経験もないまま、民間に転職することはやはりとても難しかったです。
新卒の時は、エントリーシートで落とされることは無かったので、とてもショックでした。

転職は、先方のタイミングもありますので一概には言えませんが、公務員から民間に転職を考えている人は、少しでも若いうちに、なるべく早く実行した方が良いです。

転職については、また今度詳しく書いていきます!

私が都庁を退職した詳しすぎる経緯は、以下のブログにまとめていますので、是非ご覧になってください。
仕事であった困った話や、びっくりするような上司の話など、面白く読める内容だと思います!


\にほんブログ村ランキングに参加しています/
クリックしていただけるとにほんブログ村のブログランキングが上がるシステムになっています。応援よろしくお願いいたします!
クリックしていただけるとにほんブログ村のブログランキングが上がるシステムになっています。応援よろしくお願いいたします!
スポンサーリンク
ふゆもアイスをフォローする
PVアクセスランキング にほんブログ村
気になるあの子は横浜暮らし

コメント

タイトルとURLをコピーしました