都庁新方式を受ける方必見!プレゼンとグループディスカッションの対策方法【東京都1類B採用試験新方式】

公務員試験

以下の記事で、東京都1類B新方式、1次試験についてお話ししました。

今回は、2次試験、3次試験についてお話ししていきます。

スポンサーリンク

2次試験、プレゼンテーションのコツや対策法

2次試験では、1次試験で作成したプレゼンテーションシートを用いて、5分間のプレゼンを行います。
前の記事でも申し上げましたが、1次試験の後すぐにシートの内容を紙に書き起こして、2次試験までに5分ほどのプレゼンテーションを行う練習をしておきましょう。

5分間の中で、バランスよく2つのテーマを話せるように、タイマーで計測しながら何度も練習しましょう。

2次試験当日の流れ

試験当日は、自分が書いたプレゼンテーションシートが返却され、しばらく考える時間がもらえます。
その後、個室に移動して、試験官3人の前でプレゼンテーションを行います。

試験官がタイマーを押しますので、その後プレゼンテーションを始めます。
プレゼンテーションシートに沿って、練習通りにプレゼンしましょう。

その後、シートの内容について深掘りされます。これはどういう対策ですか?などです。論理的に、簡潔に、わかりやすく回答をすることを心がけましょう。
勿論、自分が考えた政策が都庁で行なっている政策と異なっていても全く問題なしです。論理が通っていれば大丈夫です。

プレゼンテーションが終了したら、そのまま同じメンバーで面接が始まります。

面接の内容は、志望動機など一般的なものでした。
始終なごやかな雰囲気で終了しました。

スポンサーリンク

3次試験、グループワークのコツ

3次試験ではグループワークがあります。

こればかりは対策のしようがありませんので、政策を調べるくらいで、特別な対策はしませんでした。
民間企業のインターンなどで、グループワークを経験しておくと良いですね。

3次試験当日の流れ

試験当日は大部屋に集まり、番号が割り振られます。
自分の番号が呼ばれたら、小部屋の前に移動します。
そこで初めて、一緒にグループワークを行う3人と顔を合わせます。
私と、男性2人でした。

グループワークの流れ

部屋に入ると、試験官が3人いて、ホワイトボードと椅子が3つがありました。

試験官からお題を与えられ、時間内に意見をまとめるよう指示されます。
時間は確か20分?すみません、忘れてしまいました。

お題は、都庁で行なっているある政策を、どうやって推進していくか、でした。

1人、リーダーをやりたがる人がいましたのでその方にお任せし、私は書記を、もう人方がタイムキーパーを行うこととなりました。

変な人がチームに居なかったので、普通に議論をし、出た意見をホワイトボードに書き出し、まとめて、20分経過しました。

その後、全員で少しづつ割り振りながら、意見の発表を行いました。

発表後は、試験官から質疑応答がありました。こちらも。3人で万遍なく回答を行いました。

グループワーク終了後は、1度部屋の外に出ました。

面接の流れ

数分後、1人づつ部屋に入るように指示がありました。個別面接のスタートです。面接官は、先ほどグループワークを見ていた3人です。

面接では、まずグループワークのフィードバックがありました。私の場合は、「リーダー役を人に譲ると、自分をアピールできる機会が減ると思うが、どう思うか。」と言われました。
でもあそこでいえ私がリーダーを!!と言えないですよね。グループワークって難しいし早い者勝ちですね。
適当に誤魔化したりして、面接を終えました。面接の内容自体は2次試験と変わらない感じでした。

と、いった感じで私は無事都庁に合格することができました。
とはいっても、この都庁も1年で退職してしまうのですが…

新方式は、面接回数は多いものの面接は簡単ですし、プレゼンテーションも難しい課題ではないです。
しかし教養試験だけは、頑張って勉強する必要があります。しかし試験自体の難易度は国家よりも簡単ですので、忙しい社会人や理系の方、挑戦しやすいと思います!

\にほんブログ村ランキングに参加しています/
クリックしていただけるとにほんブログ村のブログランキングが上がるシステムになっています。応援よろしくお願いいたします!
クリックしていただけるとにほんブログ村のブログランキングが上がるシステムになっています。応援よろしくお願いいたします!
スポンサーリンク
ふゆもアイスをフォローする
PVアクセスランキング にほんブログ村
気になるあの子は横浜暮らし

コメント

タイトルとURLをコピーしました