都庁を受ける方必見!プレゼンテーションシートの書き方を公開【東京都1類B採用試験新方式】

公務員試験

私は2018年度、東京都1類B採用試験に合格し、その後都庁に勤めました。

1類B採用試験は、普通の試験と異なり教養試験のみで政策論文試験が免除されます。
その代わり、プレゼンテーションシートの作成とそれを用いたプレゼン、グループワークが必要になります。

理系だけど行政職に就きたい方、転職組で論文対策の時間がとれない方におすすめの試験です。

この試験は、試験の詳しい内容や対策方法などをネットなどから探しにくいと思いますので、是非本ブログを参考にしてください!

スポンサーリンク

都庁を受ける方必見!プレゼンテーションシートの書き方を公開

1類B採用試験(新方式)の試験科目

新方式の試験科目は以下の通りです。

第1次試験(行政職)
  • 一般教養についての五肢択一式【時間】2時間10分
  • (文章理解、数的、判断、資料解釈)30題必須解答
  • (その他社会、理科、時事など)10題中5題選択解答
  • 都政課題に関するプレゼンテーション・シート作成【時間】1時間30分
第2次試験
  • 口述試験
  • プレゼンテーション及び人物についての個別面接
第3次試験
  • 口述試験
  • グループワーク及び人物についての個別面接

こんな感じの3部構成で、かなり長丁場な戦いになります。
ですが、試験内容は国家公務員試験よりも基本は簡単ですので、私は都庁の試験でしたら独学でも可能なのでは、と思っています。

では、各試験の対策について書いていきます!

第1次試験、一般教養試験の対策やおすすめのテキスト

都庁の教養試験は、どの方式も7割を満たす必要があると思います。
他の受験生もそのくらいの点数を取ってきますので、7割は必ずとりましょう。

都庁の教養試験は、とりあえず過去問10年分を3周すればOKです。
というのも、都庁の試験はかなり過去問ベースで出題されます。
私が試験を受けた際も、これ過去問を少し加工しただけだ…といった問題が沢山出ました。

とはいっても基礎は必要ですので、まずは畑中先生の本で数的、判断、資料解釈の回答の基礎を身につけましょう。

その後、TACなどの過去問をネットや書店で購入して、3週しておけば十分でしょう。

数的以外の、社会、理科はわざわざあんな数問のために勉強するのはコスパが悪いと思いますので、時事問題を勉強し、その他は解ける問題をその場で考えて解くのが良いと思います。難易度もあまり高くありませんので。

書店で購入可能な時事問題といえばこちら!

プレゼンテーションシート作成とは、対策方法

新方式を受験する上で重要なのは、どうやってプレゼンテーションシート作成を乗り越えるかですね。
きっと配点も高いと思いますので、教養試験と並行してこちらもしっかり対策しておきましょう。

プレゼンテーションシート作成の試験内容

プレゼンテーションシート作成とは、まずA3の紙が1枚とお題が書かれた冊子が配られます。
1時間30分の間に、2次試験で5分間のプレゼンができるような内容を盛り込んだシートを、鉛筆で書いて作成する試験です。

プレゼンテーションシートの作成方法

実は私は、新方式の対策のために、LECに課金して特別クラスに通いました。
その特別クラスで教えていただいた方法を、今回ご紹介したいと思います!

まずは、お題が書かれた冊子を読み、論じる内容を2種類用意します。
論じる内容は2種類はないと、プレゼンの時間が余ってしまうと思います。
お題は、都庁のサイトにも過去問が掲載されていますが、都で災害が起きた時にどうするか、働き方の変化、少子高齢化など、そんなに突拍子もないような問題は出ていないように思えます。
しかも資料もありますので、内容は考えやすいと思います。

ここで大切なことは、的外れなことを書いてしまうと良くないので、以下の「都の基本計画」を読むようにしてください。
ここに書いてあるようなことが、プレゼンテーションシートで論じられれば完璧です。

都の基本計画|東京都政策企画局
都の基本計画についてのページです。

論じる内容を2つ考えたら、いよいよシートの作成に移ります。
まず、以下の図を見てください。こちらがシートの完成系になります。

東京都1類B新方式プレゼンテーションシート対策

まず、A3の紙を2つに分けます。論じる内容2つを、半分ずつ書いていくためです。

次に各内容について、「課題」と「対策」を各2つほど用意します。こうすることで、論理的なプレゼンテーションに仕上がります。
問題用紙の端などにメモ書きして、考えをまとめます。

考えをまとめたら、シートに記載していきます。
まずは、全体の大見出しをシートの上部に記入します。
次に、各内容を図のように記載していきます。読みやすい字で、論理的な文章で記載します。
また、絵が得意でしたら、イラストや図などを入れるとオリジナリティが出せますね。
最後に、全体の締めくくりの文章を下部に記載します。

もう少し細かく中見出しなども付けると良いと思います。しかし、プレゼンテーションは5分以内にまとめますので、内容を盛り込みすぎないようにしてください。

シートを上手に書くコツ

それは、家で何度も、実際と同じA3の紙に鉛筆でプレゼンテーションシートを作る練習をすることです。

私は何度も何度も、さまざまなお題を考えて作成する練習をしました。
A3って案外大きくて、試験で初めてシートを作成するとなると焦ってしまうと思います。

練習したおかげで、私は本番もさらさら書くことができました。初見っぽい人は、やはり手が止まってしまっていたように思えます。

またタイトルなどは、なるべくキャッチーな感じで書けると尚良いです。
都庁ってけっこうそういうセンスある人が好きなので。

1次試験終了後にやっていただきたいこと

それは、突破した場合に備えて、作成したプレゼンテーションシートの内容を紙に残しておくことです。
2次試験では、作成したプレゼンテーションシートを使って5分のプレゼンを行います。
紙に残しておかないと、2次試験前に内容を忘れてしまい、練習ができないです。
2次試験当日に作成したシートが配られてからプレゼンの内容を考えていたら、落ちますよ!

1次試験終了後は、ひたすらプレゼンテーションシートを5分間でプレゼンできるように練習をしてください。
私の図の通りのプレゼンテーションシートを作成すれば、大体5分のプレゼンが無理なくできるはずです。

長くなってしまったので、2次試験、3次試験については次回言及していきます!

\にほんブログ村ランキングに参加しています/
クリックしていただけるとにほんブログ村のブログランキングが上がるシステムになっています。応援よろしくお願いいたします!
クリックしていただけるとにほんブログ村のブログランキングが上がるシステムになっています。応援よろしくお願いいたします!
スポンサーリンク
ふゆもアイスをフォローする
PVアクセスランキング にほんブログ村
気になるあの子は横浜暮らし

コメント

タイトルとURLをコピーしました