完全折半!同棲の生活費管理方法。共同口座よりも効率的

彼との生活

私達は、同棲の生活費は完全折半にしています。

生活費の管理は、共同口座を作るや、家計簿に記入する…など様々なやり方がありますが、今回はとても効率的な同棲の生活費管理方法をお伝えしていきます!

スポンサーリンク

完全折半の同棲の生活費管理にはアプリを使おう

ご紹介しますのは、生活費の管理にとても役立つ、Zaimという家計簿アプリです!

普通に自分の資産を管理するのにも役立つのですが、同棲の生活費管理をとても効率的に行うことができます。

それでは、使用法を説明していきます。

共同アカウントを作成する

Zaimは、メールアドレスで簡単に登録できます。どちらかがアカウントを作成し登録します。

そして、同じアカウントでもう片方もログインします。これで準備完了です。

互いの名前と費用の項目を登録する

互いの名前を下の写真のように登録します。私達は青マークに彼、ピンクマークに私の名前を登録しています。画像では名前を消しています。

これ、本来の使い方とは異なるのですが…本来はここが「食費」などの項目になるのですが、ここに名前を登録することによって後々簡単に折半できるようになります。

Zaim家計簿アプリ

続いて、食費などの項目を、各名前の下の項目に登録します。

家計簿アプリZaim

名前の下に、家賃、光熱費…など必要な項目を登録しておきます。
こうすると、誰がどれだけ、何にお金を払ったのかわかりやすくなりますね!

これで準備は完了です。

支払いをしたら、項目に金額を記載していく

自分が支払いを行ったら、都度、項目に金額を記載していきます。

例えば、スーパーで1000円、食材を購入しましたら。「食費」の項目に1000円追加していきます。
水道代を支払ったら、「光熱費など」の項目に記載します。

このようにして、自分がどのくらい支出を行なったかを記録していきます。
以下の場合、3月の自分が支払った食費は「15,100円」となります。

家計簿アプリZaim

家賃補助がある場合のポイントなのですが、自分の家賃補助は相手の項目に入れるようにします。
例えば上の写真ですと、彼の家賃補助が27,000円分ありますので、私の項目の中に入っています。

こうすることで、後に家賃補助も含め折半することができます。

月末に精算を行う

月末になりましたら、精算を行います。例えば以下の例で精算方法をお伝えします。

Zaim家計簿アプリ

この場合、(107,675-94,791)/2=6,442円となりますので、6,442円、ピンクが青に渡せば完全折半が完了します。

お互いが支払った額の差額を2人で割って、支払いが少ない方が渡すという方法です。

この方法ですと、互いに好きな時に支払いができ、家賃、光熱費など支払う人が異なっても完全折半ができます。
共同口座に毎月○万入れて…よりも自分のクレジットカードが使えてポイントを貯めた方が良くないですか?共同口座にお金を貯めるよりも、互いにNISAなどで投資信託を購入して運用した方が、お金を有効に増やすことができますよ。

ちなみに、Zaimのすごいところは、毎月何にいくら使用しているのかを、グラフ化できるところです!

家計簿アプリZaim

例えば私が支払った食費はこんな感じでグラフ化されます。
彼は家賃、私は食費と光熱費など、ざっくりと支払うものを決めておくと、毎月何にいくら使用しているのかが明確なグラフになります!

いかがでしたでしょうか?
是非、Zaimで賢く生活費を管理しましょう!

家計簿 Zaim:シンプル・簡単、無料で使える人気の家計改善アプリ
テレビで話題!人気の家計簿アプリ Zaim。簡単・シンプルにお金を管理しましょう。現金メイン派ならレシートを撮るだけ、キャッシュレス派なら銀行・クレジットカードを連携するだけで、カンタンに記録ができます。

以下の記事でも、Zaimの使い方や、毎月の生活費の明細を紹介しています!

\にほんブログ村ランキングに参加しています/
クリックしていただけるとにほんブログ村のブログランキングが上がるシステムになっています。応援よろしくお願いいたします!
クリックしていただけるとにほんブログ村のブログランキングが上がるシステムになっています。応援よろしくお願いいたします!
スポンサーリンク
ふゆもアイスをフォローする
PVアクセスランキング にほんブログ村
気になるあの子は横浜暮らし

コメント

タイトルとURLをコピーしました