【マウスピース矯正日記】高額な医療費を払わないための失敗しない病院選び

歯科矯正

私は昔からそこまで自分の歯並びを気にしたことがなかったのですが、奥から2番目の歯が虫歯になることが非常に多く、普段から行っている歯医者さんで「噛み合わせが悪くて、奥歯いすごく負荷がかかっている。だから虫歯になる」と言われてしまいました。
そこで、私は矯正をすることを決意しました。

矯正って高額ですので、どうやって病院を選ぶか迷ってしまいますよね。本日は、私が実際行ったマウスピース矯正の病院選びや見積もりの値段、矯正の期間についてお話ししていきます。

スポンサーリンク

失敗しないマウスピース矯正の病院選びと費用、矯正期間について

歯科矯正にはワイヤー矯正とマウスピース矯正がありますが、私はどちらでも良く、値段が安い方にしようと思っていました。
コロナでずっとマスクしていますし、見た目は気にしませんでした。

簡単に、ワイヤー矯正は、よく見かける矯正です。ワイヤーを歯に取り付けて、歯医者さんが手作業で閉めることにより歯を動かします。

マウスピース矯正は、アメリカのインビザライン社が市場をほぼ独占しています。
日本の歯医者さんで歯の形をスキャンして、インビザライン社にデータを送りマウスピースを作成してもらいます。その後、アメリカからマウスピースを空輸して手元に届きます。
コンピュータでシミュレーションしながら、マウスピースの形が決まります。
1回マウスピースをはめるごとに数ミリずつ歯を移動させます。約1週間でマウスピースを交換していき、何枚もマウスピースをはめ続けることで歯並びを良くしていきます。

矯正の値段は、マウスピースもワイヤーも、病院によって本当に異なります。最低でも2箇所の病院で見積もりをもらうようにした方が良いです。

いつも行っている病院で見積もりをもらう

私がいつも行っている歯医者さんで歯科矯正をやっていたため、相談をしました。

すると、どうやら私の歯並びはそこまで悪くないそうで、「部分歯科矯正」を勧められました。
部分歯科矯正は、奥歯の2本以外をマウスピースで動かす矯正で、全体矯正よりも早い期間で終わり、料金も安いとのことでした。
詳しい料金は以下の通りです。全て税込です。

  • マウスピース矯正(インビザライン)(部分矯正)
  • 矯正料金385,000円(精密検査13,000円込み)(マウスピースが何枚でも同一料金)
  • リテーナー3個33,000円
  • マウスピースを4枚交換するごとにクリーニング等の料金(保険適用)

マウスピース矯正は、最初に歯をスキャンして3D画像を作成し、それをアメリカのインビザライン社に送る必要があります。
その後、何枚マウスピースが必要か、などの情報がインビザライン社から送られてきます。

この、「歯をスキャンして、3Dデータをインビザライン社に送る」というのが精密検査です。

リテーナーは、矯正後に歯が動いてしまうことを防ぐために、数年間つけておく透明なマウスピースです。この歯医者さんによると、リテーナーは1枚づつ作成できないため、3枚の値段になるそうです。真偽は不明ですが。

マウスピース矯正は、一般的に歯を少しだけ削って歯の間隔を整備していきます。
ですので、マウスピース数枚ごとに病院に行き、歯を削ったりする必要があります。
私の病院では、4枚交換したら(4枚なので4週間ごとに)歯医者に行き、歯を見てもらい、削ったりクリーニングしたりする必要がありました。
しかしこれは保険適用ですので、1回1,000円くらいです。

この病院の場合は、矯正費用は385,000円+33,000円+通院料(概算で1回1,000円×5回)で、423,000円でした。

また、目安の終了期間は半年とのことでした。短くてびっくりしました。

矯正の専門医で見積もりをもらう

矯正しか行っていない、専門の病院でも見積もりをもらいました。ここではマウスピースとワイヤー、両方の見積もりをもらい、以下の通りでした。

  • マウスピース矯正(インビザライン)(全体矯正)
  • 精密検査38,500円
  • 矯正費用880,000円
  • リテーナー8個88,000円
  • その他通院次に毎回調整費5,000円
  • 合計968,000円+調整費
  • ワイヤー表側矯正
  • 精密検査38,500円
  • 矯正費用1,300,200円
  • リテーナー8個88,000円
  • その他通院次に毎回調整費5,000円
  • 合計1,388,200円+調整費

全体矯正だとしても、部分矯正とこんなに額が違うのか、と驚きました。
また、ワイヤーの方が安い印象があったのですが、マウスピースの方が安いことにも驚きました。

この歯医者さん曰く、部分矯正でも可能だが、せっかくなら全体矯正をして、しっかり揃えたらどうかということでした。

確かに、せっかく時間をかけるならちゃんとやった方がよいのかもしれませんが、目安の終了期間が2年とのことでした。また毎回調整費で5,000円が取られるところや、精密検査やリテーナーの値段がすごく高額なことから、私はそっとこの歯医者を去り、もう一件の歯医者の方で歯科矯正を開始することに決めました。

比較って、大事ですよね。病院によって全然料金が異なりますので、良心的な価格設定をしている歯医者さんを見つけるようにしましょう。

次回はマウスピース矯正の流れについて説明します!

\にほんブログ村ランキングに参加しています/
クリックしていただけるとにほんブログ村のブログランキングが上がるシステムになっています。応援よろしくお願いいたします!
クリックしていただけるとにほんブログ村のブログランキングが上がるシステムになっています。応援よろしくお願いいたします!
スポンサーリンク
ふゆもアイスをフォローする
PVアクセスランキング にほんブログ村
気になるあの子は横浜暮らし

コメント

タイトルとURLをコピーしました