DMM英会話はクーポンを使ってお得に始めましょう!

学習

こんにちは!

皆さんは、何か勉強をしていますか?毎日何かしらの努力をしていますか?
私は、毎日DMM英会話というオンライン英会話をやっており、この生活を2年半続けています。

毎日少しづつですが英語に触れていたことで、留学なしで日本に居ながら英語を身につけ、今は毎日英語を使うような仕事に就いています。

DMM英会話の口コミについては以下の記事でも紹介しましたが、1日1回25分の授業ですので、朝少し早起きをして授業を受けたり、夜も遅い時間まで受けることができます。

DMM英会話は忙しい日本人の生活に合わせて、時間と場所にとらわれない長く続けられる仕組みが整っています!
英語を無理なく学習したい!という方にとってもおすすめです。

DMM英会話をやってみたいけど、お得に始められるクーポンはあるの?

お得に始められるクーポンありますよ!!DMM英会話をお得に始めるためには、以下の3つの方法があります。

  • DMM英会話公式サイトの初月50%オフキャンペーンを利用
  • 友達紹介コードを入力
  • 福利厚生のクーポンサイトからクーポンを探す

本記事では、DMM英会話をお得に始める3の方法についてご紹介していきます!

スポンサーリンク

DMM英会話はクーポンを使ってお得に始めましょう

まずは無料体験をしてみよう

DMM英会話では、1回25分のレッスンが無料で体験できます。
まずは無料体験をしてみて、自分に合うかどうか様子を見ましょう!

以下のバナーからDMMの会員登録をするのみで、DMM英会話の無料体験ができます♪

マイページからクレジットカードを登録しない限りお金がかかることはないので、安心してまずは無料体験をしてみましょう!

無料体験から3日以内の入会で初月は50%OFF

DMM英会話では、無料体験から3日以内の入会で初月が50%オフになります。

DMM英会話は、一番お安いスタンダードプランで月額6,480円(税込)です。
ですので、無料体験が良さそうでしたらすぐに入会(クレジットカードの登録)すれば、初月は3,240円になります!

ちなみに私は1日1回25分のスタンダードプランに入会していますが、これで十分です。
たった25分というのが、毎日のモチベーションを向上させています。

友達紹介コードを使用しよう

無料体験後、有料会員登録をする際に、友達紹介コードを入力する欄があります。
そこに、以下のコードを入力していただくと、どのプランでも追加でレッスンが受講できる、500円相当のプラスレッスンチケットが3枚もらえます。

友達紹介コード:740394017

このチケットを使うと、1日1回25分のスタンダードプランでも、1日2回や3回と授業を受けることができるようになりますよ!

福利厚生のクーポンサイトからクーポンを探して使用しよう

皆さんの会社には何かしら、福利厚生でクーポンなどの優待を持っている場合があります。
その福利厚生のクーポンの中に、DMM英会話が無いか調べてみてください!

例えば、私の会社はベネフィット・ステーションというクーポンサイトを自由に使えるのですが、その中にはDMM英会話のクーポンがあります。

クーポンの内容は以下の通りです。

スタンダードプラン/毎日1レッスン 3か月間 授業料20%OFF
プラスネイティブプラン/毎日1レッスン 3か月間 授業料20%OFF

なんと、3ヶ月間授業料が20%オフになってしまいます!

DMM英会話公式の割引である、無料体験から3日以内の入会で初月50%OFFと併用可能ですので、1ヶ月目は50%オフ、2ヶ月目と3ヶ月目は20%オフとお得に授業を受けることができます。

クーポンサイトからクーポンコードを出し、無料体験後、有料会員登録をする際に、クーポンコードを入力する欄がありますので、そこに入力すれば適用されます。

会社の福利厚生でクーポンサイトに加入している場合は、是非チェックしてみてくださいね。


いかがでしたでしょうか?
ただでさえお安いのに、クーポンを使用すれば更にお安くて、続けやすいですね。

まずは、無料体験でDMM英会話がどんな感じなのか、知っていただきたいです!
毎日オンライン英会話を続けていると、何か努力をしている!と自己肯定感も高まりますのでおすすめです。

\にほんブログ村ランキングに参加しています/
クリックしていただけるとにほんブログ村のブログランキングが上がるシステムになっています。応援よろしくお願いいたします!
クリックしていただけるとにほんブログ村のブログランキングが上がるシステムになっています。応援よろしくお願いいたします!
スポンサーリンク
ふゆもアイスをフォローする
PVアクセスランキング にほんブログ村
気になるあの子は横浜暮らし

コメント

タイトルとURLをコピーしました